スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
【お知らせ】オリジナルブログにもどります
あけましておめでとうございます。

カイパパです。ご無沙汰をしていました。

今年から、オリジナルのブログに戻り、更新をしていきます。

カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル
http://kaipapa.livedoor.biz/

よろしくお願いします。
スポンサーサイト
[2011/01/04 20:22 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
父親部のみなさんと
今日はつぼみ父親部の飲み会に参加させてもらいました。

総勢10名。
中には、初対面のかたも、三年ぶりに再会できた仲間もいて、とってもうれしかったです!

最初の出会いから八年近く経つのですが、みんないいかたちで「年輪」を重ねて落ち着いたなあ~なんて思ったのもつかの間、すぐに時空を超えて、ブランクも関係なく、あの頃の仲間トーク炸裂!でした。

この仲間関係は変わらないなあ、得がたい仲間と出会えたしあわせに感謝です。

また集まろうね。
[2009/09/12 22:40 ] | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
かいうた:メッセージソング(題不詳)
自閉症の特徴のひとつに、「想像力の障害」があげられます。
たしかに、自閉症の人には「固い」ところがあって、パターンから外れることが難しかったりします。

カイにもその傾向が強くあります。「歌詞を正確に歌ってほしい」というのもその一つだと思います。

ある日のこと…

カイが、ママに向かって、リズムをつけて歌ってくるのです。

「さかえさかえさかえ~♪ さかえさかえさかえ~♪……」

替え歌なのか、オリジナルでしょうか? なんの曲なのかよくわかりません。
けれど、これほど強烈なメッセージソングはありませんよね。

「栄に、ぼくは行きたいんだ!」という魂の叫び(?)。
作詞作曲:カイ。

これも成長なのでしょうか?

(栄は、名古屋の繁華街です)
[2009/09/06 18:41 ] | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
水滸伝読み終わりました~
水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)
(2006/10/18)
北方 謙三

商品詳細を見る

北方『水滸伝』全19巻読み終わりました~。

第16巻あたりから、梁山泊が滅びに向かって追い詰められていく様子が、読んでいてつらかったです。
しかし、終焉を迎え、全てが必然だったように思わされました。

負けたら全て終わりなのか?
敗北から生まれてくる何か。

挑戦は何かを変える。
一回きりでは元に戻ってしまうかもしれないが、挑戦の継続は、元のかたちを変えることができる。
そしてその変化は、もしかしたら不可逆的な未来永劫続くものになるかもしれない。
[2009/09/05 20:32 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
「思い」と「志」
ウォーリーさんがブログで「あらためて思う」と題して、

福祉業界では、
「思いのある人が、燃え尽きてしまう現実」があるという事について書いています。


最近私は、北方謙三の『水滸伝』にハマっています。
この物語は、腐敗した宋の国に戦いを挑む梁山泊の男たちを描いています。

強大な国家に挑む過酷な戦いで、何を頼りに戦い続けるのか?

水滸伝では「志」が、その鍵として、描かれています。

「志」があるから生きられる、
「志」があるからあきらめない、
「志」のために死ねる…


水滸伝はフィクションですが、
自分が「あのひと何であんなにがんばれるんだろう?」と思う人はみな何かしらの『志』を持っているように思います。

「思い」と「志」は何がちがうのでしょうか?


「志」は、未来志向な気がします。

未来の『こういうかたちをつくる』ため、現在を生きている、ような。


全然的外れかもしれませんが、
「思い」を『志』にしていくことは「燃え尽きない」ためのヒントになるんじゃないか、と水滸伝第17巻を読み終わりながら考えています。
[2009/09/02 19:02 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。